BRIAN MAY_QUEEN 宇宙物理学博士号取得 VIVA!60歳。

31 05 2008

私はたいそう気の小さい子供だった。自分の力は小さく無力に感じていたナイーブな時期があったのだ。そんな自分に元気を、そして夢を与えてくれたのが「ロック・ミュージック」、その入り口となったのがクイーンだった。70年代後半、日本の洋楽シーン(なんという甘美な響き!)において、エアロスミス、チープ・トリック、ヴァン・ヘイレンと並んで確固たる人気を誇っていた。

まだ小学生だった姉と私は夢中でその音楽と英語を学んだ。繰り返しレコード(!)を聞きながら歌詞カードを追うのが、私と姉の放課後の過ごし方だった。あの時期がなければ、おそらく今、自分はここにいないと思う。

その自分の「基礎」に大きく影響を及ぼした人物にもし会える機会があったなら、あなたならどーする?

私はサイン会の列に並んだ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

QueenのBrian Mayが35年以上前にに中断していた宇宙物理学の研究において、2007年に博士号を取得。Patrick MooreとChris Lintott共著で「Bang! The Complete History of the Universe」を出版した。5月6日、出版を記念してここロサンゼルスでサイン会が行われたのだ。200人くらいは軽く並んでいただろうか。ファン、一人一人と丁寧に言葉を交わし、写真におさまり、ファンの名前入りでサインをするブライアン。あの白鷺衣装をかつてステージでまとっていたブライアンが、今、目の前にいる。おー。

今回はきちんとご挨拶しよう。

実は私は最初の「幸運」を逃している。数年前、ハリウッド・ボウルで行われたクイーンのライブ後、何故か私はバック・ステージにいた。メンバーがゲストと歓談するシーンを、私は眺めているのが精一杯だった。だってさー、1985年5月11日代々木体育館で見て以来、もう2度と見ることはないと思っていた、あのクイーンのライブに涙した直後ですよ、みなさん!「もうこの場にいるだけで幸せ」という精神状態。ひー。

しかーし!今回はちゃんとご挨拶できました。クイーンの新作が出たらまたアメリカにもツアーで来るという話も聞けたし、満足、満足。

2005年のクイーン来日公演に、私の姉はひとりで会場に行き、20年ぶりに見たライブに涙したそうだ。(わかるよー、その気持ち!)その後の私の帰国の際、姉が「これあげるー」っと言って「下敷き」を私に託す。(へ、何で?)見ると、ケンジントン・マーケットにて購入らしき女性もののひらひらJKを着た、時期にしたらクイーン・セカンド周辺のメンバーの写真がでっかくある・・・しかも下敷きって。「乙女心をくすぐるアイテムだったんで、ついライブ会場で買っちゃった・・・」だって。おお・・・姉よ!ありがとう!

サイン会の列に並ぶ妹と、コンサート会場でタレント・グッズを購入する姉。血は争えず。

Advertisements

Actions

Information

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s




%d bloggers like this: