LA Metal スティール・パンサーとリンチ・モブ、メタルな夜へのいざない

7 08 2008

ロサンゼルスという都市がらか、メタルのライブには(まだまだ)勢いがある。数年前、ホワイトスネイクのライブ(@ハウス・オブ・ブルース)が2日間ともソールドアウトになったのにも驚いたが、スティール・パンサーが以前にも増して、またここで盛り上がっているというのは、一体どういうことか?

幾度かのバンド名変更を経て、現在はスティール・パンサーってことになっている彼らは、2000年に結成。モトリー、ポイズン、ボンジョビ、デレラ(という言い方を80年代してたよね?)など、LAメタルの曲を中心にカバーするバンドである。メタルに敬意を表しつつ、自分たちをコミックにしているところが受けている。ばっちりとステージ・ヘア&メイクで決めてステージに登場。ボーカルがMCしてる最中に、ベースは手鏡片手に化粧直しを始めたり、MCのほとんどがエッチ方面に展開したり、お遊びも各所にあり。月曜日だというのに毎週、サンセットのキー・クラブでロケンロール・パーティが展開している。

このスティール・パンサーのライブ、メタルに限らず各方面の人が遊びに来ていて、USウィークリー、ピーピル・マガジン(ゴシップ雑誌)のネタにも何度も登場している。私が行った日も、キアヌ・リーヴス、ジェイソン・ボーナム、トミー・リーらが見に来ていた。ステージに上がりバンドとジャムった人のリストが、wikiにリストされているので、興味のある方はどーぞ。

C. C. デヴィル が遊びに来ていたときは、バンドが「今日はCCが来てるって話を聞きつけたぞ。ステージに上がってきやがれ!」と*お誘い*し、それでも出てこないと「怖がってんのかー?おら」と挑発していた。

彼らは「コミック・バンド」とか呼ばれようとも「そ、だって俺たちおバカだもーん」ってノリがまた痛快なのだが、演奏の方はというと、実は本家のバンドより上手かったりするのでそこんとこ4649(世代限定ギャグ)。YouTubeでMetal Skool(以前のバンド名。 スクールは’k’、’ch’ではなく。)、Steel Pantherでサーチしてみてね。

先週末、キー・クラブでリンチ・モブを見た。結構な混み具合でこれまたびっくり。しかも*
ヤングな*人たちが首を激しくふっているではないか!ギターキッズの間では今も変わらず、ジョージは「神」なのだ。ロス&近郊でよくクリニックやっているみたいだし。NAMM SHOWでも彼のサイン会は毎年すごいことになっている。

‘Mr. Scary’ではなんか*手いっぱい*って感じはしたけど、ふふ。ベースのマルコ(コーラスでもものすごく貢献していた)が近寄っていっても、目も向けずひたすら自分の手元しか見ていない。曲が終わり、ボーカルのオニーがジョージを紹介すると、ジョージ、ちょっと照れてんの。「今の演奏はまぁまぁだったな」って手を広げる仕草をしていた。

当初、今年のツアーのドラマーはトミー・アルドリッチって発表だったが、トミーはシン・リジーに戻り、ジョージと同じ事務所ってことでシンデレラからフレッドが担当してた。ただこの日のライブを最後に、彼もシンデレラのツアーに戻るみたいだけど。

ジョージもドン・ドッケンと何かやるみたいだし。 このバンド周辺、人事異動が激しいのは世の常、か。

Advertisements

Actions

Information

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s




%d bloggers like this: