Twilight / Electric Light Orchestra 今週’IN’な曲

21 08 2008

この止まらぬ疾走感。ELO、サイコー!

「トワイライト」収録のアルバム「タイム」のリリースは1982年。この時のツアーは、アルバム同様「プロローグ」から始まり、続けて「トワイライト」を演奏していたと誰かがブログで書いていた。見たいー。もうそんなライブ見たら絶対泣いちゃう。「タイム」「ディスカバリー」周辺のアルバムは当時、NHK-FM「軽音楽をあなたに」と渋谷陽一の「サウンド・ストリート」でエア・チェックしたんだよな。アメリカに移住する前にそのカセットテープの山を処分したときは悲しかった。

チケットマスターでチケットを買うと、「iTune1曲プレゼント」とか「xxx月刊誌を1年間購読プレゼント」などのご褒美が時々ついてくる。今回、iTune1曲無料でもらったので、迷わずTwilight/ELOを購入。いぇい!以前買ったELOのベスト盤に、この曲が入っていないことに気づいたのは、パッケージを開けてから。ひー。私がTVドラマ「電車男」を見続けたのは、この曲が聞けるっつーことも理由のひとつだった。ビデオだったけど、全編見たぜ。

iTune/iPod出現で、また音楽を聞き始めたという方も多いのでは?私の身の周りでも、仕事が忙しくて音楽的生活から離れていた人がiPodを購入し、いまや新しいモデルが出るたびに買い替え、お気に入りの音楽と’The Simpsons’を全エピソード(!)持ち歩いている人がいる。

もうアルバムなんて誰も聞かないんだから、ヒット曲1曲作ってiTuneで売ろーぜって断言してる人もいるけど、どうなんでしょ、ここんとこ?曲のバラ売りってことに反対する人もいるだろう。私もコンセプト・アルバムが好きなんで違和感は、まだある。(なんで「タイム」持っていないのだ、アタシ。実家に置いてきたのか?)

アーティストとプロデューサーが命をかけて作ったベイビーたち(=曲)。これまた命をかけて選び抜き、順序を決めてゆく。それをその中から1曲だけ購入したりとか、シャッフルで聞くことへの違和感。ま、私の場合はアーティストにもよるけど。例えばクイーン。「クイーンII」にはWhite SideとBlack Sideがあり、’Procession’で始まり’輝ける7つの海’(私の好きな邦題のひとつ)で終わらなければいけないのだ。

先日、車の中でたまたまiPodがONになっていた。で、Led Zeppelinをシャッフル・モードで流していたら、同乗していた友人がたいそう気分を害した様子で言った。「悪いんだけどさー、シャッフルで聞くのやめよーよ」

ごもっともでございますー。

このほかの今週のヘビロ;

Mr. Blue Sky/ELO
Oh, Candy/Cheap Trick
I Saw The Light/Todd Rundgren

Advertisements

Actions

Information

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s




%d bloggers like this: