米国におけるBritney Spearsのありがたられ方(Revised)

4 12 2008

ここ2、3日、アメリカにおけるブリトニー・スピアーズのありがたられ方を考えている。新作「サーカス」のリリースに合わせてのプロモ活動なんだけど、今回は規模が違う。MTVの特番「For the Record;本当の私をみんなに知ってほしいの」、新曲’Womanizer’ PVのティーザー、マドンナLA公演でのゲスト出演、エンタ系、ファッション系雑誌各種の表紙獲得、ABC朝番組での大フィーチャー、ヨーロッパでのアワードものTV番組でのパフォーマンス、NYCでのお誕生日バーティ、春に行われるライブのチケット発売告知。そして今NBCでは、毎年恒例ロックフェラーのクリスマスツリー点灯式が放送されている。そのオープニングにブリトニー、堂々の登場だ。エンタ系テレビ番組でも後押しするように、ここ2、3日の彼女の行動を分刻みで追っている。



新作「サーカス」のCDカバーを見てひっくり返った。白いお姫様ドレスを来たブリトニーが微笑んでいる。「あら、ひょっとしてアタシったら・・・」というひるみや疑問もまったく持たない、まっすぐな微笑。ちょっと前に頭髪を剃っちゃったり、パパラッツィのカレシを連れて遊び歩いていたのなんて「もうナシ、ナシ」って言っているかのように。

この後に及んで世間が今だにこういう「お姫様ブリトニー」をありがたく思っているだろうか?と疑問に思う。一見、「ブリトニー大復活♡」な追い風はバンバン出ているが、はて?

世間を動かすのってお金があれば、結構簡単なのかもしれない。前回のMTVアワ−ドで復活を企んだもののあえなく失敗に終わった(というか終わったように世間が見ていた)のは、それなりの「根回し」が足りなかったためか? それにしてもあのお姫様ドレスはないだろう。



もう事実なんてどうでもういい。「世間にどうとらえられているか」っつー点のみで活動しているタレントって難しい・・・といつも思う。

先日とあるマーケティング会社の方と話していたら、「きっと彼女がスーパースターじゃなくて、一般の私たちに近づいてきたからじゃん」っと言っていた。そっかー。結婚、出産、子育て、遊び足りないダメ夫、離婚。私たちと同じように右往左往して人生を歩んでいるブリトニーに共鳴しているファンがいる、ということなのだろうか。それにしても・・・。

Advertisements

Actions

Information

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s




%d bloggers like this: