Journeyには借りがあるのだ

16 03 2009

先週、東名阪で来日公演を行ったジャーニー。いかがでしたかー、皆様。いーなー。私も日本で見たかった。

私がアーネル君込みのジャーニー公演を見たのは08年7月、サンディエゴでのライブだ。スティーヴ・ペリーのいないジャーニーなんて・・・といまだにほざいている人々を尻目に、ジャーニーの全米ツアーは大成功。この年、最も売り上げの高かったツアー上位にくい込んだ。そして今回の来日公演もほぼ完売と聞く。ファンとして嬉しい話じゃないか。

ジャーニーには借りがあるのだ。

というのは、私の英語はジャーニーの歌詞から学んだと言っても過言ではないからだ。当時、あれだけ英語に集中できたのは、ジャーニーのアルバムたちのおかげだ。リアルタイムではなかったものの「インフィニティ」「エヴォルーション」「ディパーチャー」の3部作、ライブ・アルバムの「キャプチャ」まで大好きなアルバムだ。そしてリアルタイムで81年に買った「エスケイプ」。あー、青春。

ジャーニーに出会うまではクイーンの歌詞を追っていたが、聖書とか神話等からの引用が多いため、そっち方面に縁のない、しかも英語ができない子供にはちょっと難しかったよな。記号みたいな感覚で英単語を追っていたような気がする。

一方、ジャーニーの歌詞はラブ・ユーとかミス・ユーとか、なーんとすんなり入ってきたことか!英語って楽しいじゃん、と当時思ったものだ。(ELS学習に力を入れている学校だったもんで幼稚園から英語のクラスがあった、っつーのもラッキーだったかも。)

私が今こうやってロサンゼルスで生活できているのは、ジャーニーの曲のおかげで英語の勉強に励むことができたからだよなーと再認識したのは、アメリカで初めてジャーニーのライブを見たときのことだ。2005年カリフォルニア州アーバインにて。日本でフロンティアーズ・ツアーを見たのが最後だったので、実に23年ぶり(多分)に見るジャーニーのライブだった。3時間以上におよぶ 2部構成になっており、私の大好きなアルバム3部作からもバンバン披露。’Something To Hide’, ‘Just A Same Way’とかもやっちゃう大サービスぶり。 子供のころ覚えた歌詞って、結構覚えているものなのだ。なんてったって23年ぶりに見るライブだ。感涙。

05年という年は、私は東と西海岸を行き来していたので、両方で結構な数のライブを見る機会があった。ちょうどソウル・サーカス(ニールのサイド・プロジェクト)を立ち上げた頃でもあり、ニールとじっくり話をする機会にも恵まれた。

スティーヴ・ペリーがバンドに参加する前のこと。曲作りの感触を知るためにジャムろうぜ、ってことになり、ニールはスティーヴをデンバーのホテルに呼び寄せた。しばらくギター片手に話をしているとしだいに曲になっていった。それが’Patiently’になったと言う。ふたりで共作した最初の曲だ。所要時間は30分!「この曲とか’Stay A While’とか、いい曲はこうやって短時間でできたんだ。」とニールは言う。

中学生の頃からすでに地元のクラブでギターを弾いていたらしい。(アメリカでは未成年がクラブで仕事をすることは違法なんで、年齢は内緒にしていたらしいが。)父親が米軍でミュージカル・ディレクターをやっていたので、ギタリストになることに異議はなかったらしい。でも日本のふつーの親だったら子供をクラブに送迎しないよなー。「で、両親はへーきだったわけ?」とつっこむとと「誰もボクを止められないくらいギターに夢中だったから」とニール。

15歳のときにはクラプトンとサンタナの両者からオファーを受けたそうだ、しかも同じ週に!で、クラプトンに会いにロンドンに行ったところ、メンバー全員が「ヘロヘロ」だったんで長続きしそうにないと判断し、サンタナのバンドに加入することを決めたそうだ。

この行動力なんだなー、きっと。才能ももちろんいるんだろうけど。

アメリカでの車の運転は怖いからしない、という日本人は多い。英語を話さなくてもアメリカでは生きていかれる。しかし、運転しない/英語を使わないということを選択することによって、どれだけの可能性を狭めていることか、と私は考える。

必然があれば何でもできるのだ。願えば叶う、願わなければ叶わないのだ。

室内でも夜でもニールはよくサングラスをかけている。実はあれは度が入っている眼鏡でもあるのだ。ライブでもまずあれをかけてステージにあがり、自分の足下のボード位置を確認している。

ランチをしたときの話。暗がりの店内でこれまた小さくお上品に書かれているメニューが運ばれてきた。「見えねー」といいながらニールはそのメニューを鼻先まで持ってゆく。

私の子供の頃のギター・ヒーローが、こんなところで苦戦しているシーンを見ることになるなんて。あとでメニューをちゃんと読んであげたけど。ジャーニーへの借りがちょっとだけ返せたかも。

Advertisements

Actions

Information

2 responses

19 03 2009
よろしくぅ

はじめまして。2ちゃんから来ました。来日公演よかったです。感動しました。またニール情報あったら載せてください。

23 03 2009
SatomiMusicumentary

こめ、ありがとうございました。また裏情報(?)があったら書いちゃいます!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s




%d bloggers like this: