マイケル・ジャクソン逝く

29 06 2009

ただただ・・・悲しい。この週末、ずっとマイケル・ジャクソンを聞いていた。P.Y.T., Human Nature, I Wanna Rock With You, Wanna Be Startin’ Somethin’…

80年代MTVジェネレーション、どんピシャのアタシ。小林克也の「ベストヒットUSA」で「スリラー」のプレミアをTVの前で釘付けになって見た。来日公演も見に行った。日テレで来日特番を組んだ時はビデオに撮って何度も繰り返して見た。英語の「th」の発音も’Thriller’で覚えたんだよなー。「ス」って言ってないじゃん、「th」なのだ、どう聞いても。学校の先生は間違っている、とこの時思った。

マイケルの来日時、私の友人がたまたまマイケルと同じホテルに宿泊していた。友人と買い物から帰ってくるとロビーがごった返しており、運良くマイケルもロビーを「通過中」。大人から子供までたいへんな騒ぎだったのを覚えている。また私の友人がマイケルのツアーに関わっていた時もあり、何度かマイケル周辺の熱狂ぶりに遭遇した。

ここ数年、アメリカのメディアからは奇人扱いされていたから(怒・怒・怒)、彼が復活ライブでロンドンを選んだのはうなずける。当然、来日公演への動きもあっただろうに。自分が行かれるわけじゃないけど、メディアを通して彼のステージを見るのを楽しみにしていた。来月の復活ライブを記念して、11作品がデジタル・リマスター&紙ジャケCD化され、7月8日にリリース予定となっていたがこれが追悼盤になってしまった。(号泣)

マイケル、マドンナ、MTV、NHKの海外ドラマシリーズ、日テレのアメリカ横断クイズ、ラジ関の全米トップ40と全英トップ20・・・一番多感なティーンエイジャーの頃、夢中になって追っていたものは私の心から消えない。

日本時間6月29日現在、マイケルの死因はまだ確定されていない。

Advertisements

Actions

Information

2 responses

1 08 2009
Tammy

そのお気持ちすごく理解できます。
83年カリフォルニアに住み始めたとき、(私は23歳でした)マイケル、マドンナ、MTV(私的にそこにバナナラマも入る)は毎日の見たり聞いたりしてたもので、すごく感慨深いものばかり。
 
83年のすごく熱い夏、アパートにまだテレビしかなく、まだ日本語放送もなく、車ない、友達いない、カリフォルニア英語わかんないのないないづくしの中、唯一の楽しみで、毎日MTVにくぎづけで、ひたすらマイケルでした。 私の一時代が終わってしまった感じ。 そういう人はとても多いと思います。    
メデイアにあんなにたたかれたのが、本当に悲しい(;;)

8 08 2009
SatomiMusicumentary

Tammyさま、まいど。そんなステキな時期にCAにいらしたなんて!うらやましい限り。当時はバナナラマも人気がありましたよね。デュランとスパンダーはもちろん、ハワード・ジョーンズ、トンプソン・ツインズ、カルチャー・クラブとかも?私は日本でミュージック・ライフ、音楽専科、インロック、Viva Rockを読みあさってました、ふふ。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s




%d bloggers like this: