ニール・ズロウザウワーのパーティご報告

7 12 2009

‘Six Strings Heroes-Photographs of Great Guitarists’出版を記念して、写真家ニール・ズロウザウワーのサイン会/パーティが12月5日土曜日に行なわれた。午後2-6時OPENと聞いていたのでfashionably lateで(?)3時前に到着したところ、すでに満員御礼状態。人をかき分けて行くとすでにBilly Sheehan、Steve & Trev Lukather親子がニールと談笑していた。ニールは左足を怪我したとかでギブスを着けてたけど、あの「おらおらー」的な勢いは快調。たくさんの人たちに囲まれていた。

会場にはジミー・ペイジ、エディ・ヴァン・ヘイレン他、おなじみの写真が多数飾られている。A4サイズ程度の一番小さいプリントでも$600はしたと思う。あ、でもこのヘンの記憶はあやふやなので、マジでご購入希望の方は彼のウェブサイト経由でコンタクトして聞いてみてね。

なんてったて40年間ロサンゼルスで写真を撮り続けているニールである。それはそれは楽しいロック夜話を*隠し*持っている。生まれも育ちもLAっていう人は結構めずらしい。最初に撮ったのはストーンズ、フォーラムでのライブ。1969年、彼は14歳だった。当時はフォト・パスも何もない時代だったらしいので、カメラを持参してステージ前で勝手に撮れたらしい。そんないい時代もあったのねー。

写真はギャラリー内、ズロウザウワー家、ビリーとスティーブ・ルカサー。皆ゆっくり時間をかけギャラリー内で談笑していた。

‘Six Strings Heroes-Photographs of Great Guitarists’はアマゾンでも購入可能。

追伸:私がパーティを後にしたあともSlash, Steve Vai, Paul Gilbert等が会場に駆けつけたとか。その模様はニールのウェブサイトから。写真はここ、ビデオはここから。

Advertisements

Actions

Information

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s




%d bloggers like this: