Cheap Trick Live @ HOB Sunset

26 02 2010

「Coming soon…」とステージとリックの写真を載せただけでそれっきりになってました・・・すみません。皆様、お変わりないでしょうか?日本はもう桜が咲く頃?

チープ・トリックをハウス・オブ・ブルース・サンセットで見たのは2月25日。会場が暗転になるとオープニングで過去のTVCMやインタビュー(?)の音源が流れだした。その中に聞き覚えのある日本語ナレーションが。「(うる覚えだけど)CT来日公演実現!xx(曲名)もやりました!xxもやりました。セカンドアルバムからxxもやりました!」とかAMラジオ的なトークが「ドリーム・ポリス」をバックに展開するヤツ。「ドリーム・ポリス」の発売告知だったっけ?小学生の頃リアルタイムで聞いて、そして最近になってCTのウェブサイトかどこかで聞いたけど、ロスのHOBにて八木ちゃんのナレーション(?)を聞くとは思ってもいませんでした。

今回のライブはWay of the Worldでスタート。この曲がオープニングのライブって初めてだったので嬉しい。ロビンの声もばっちり、リックは相変わらずテンション高いし、バニーとトムもいつも通りの安定したリズム。最近、カジノ・ホテルでのライブが多いせいか、ロビンのジャケットといいトムのベースといい光モノが目についた。

そして今回楽しみにしていたのは、ジェイソンとロジャー、ジェリー・フィッシュの二人がサポートしていたという点。(あともう一人キーボードがいたけど、誰かはわからなかった。)音がさらに分厚くなりコーラスもベター!実に壮快。一層はじけている。たまらんですわ。東海岸の四公演ではオープニングも二人が務めたらしいじゃん。いやーん、もうジェラシー。

当の二人もパワー炸裂で、ロジャーなんてリックがソロの時に、自分の立ち位置であるステージ上手から、わざわざ下手にいるリックの足下に*駆け寄り*ひざまずいて「ははー」とばかりにひれ伏していた。「Wayne’s World」の’We’re not worthyのポーズ’って言えばわかるかな。コーラスの節々でロジャーの声が聞こえると、なんかジェリーフィッシュのクワトロ公演がよみがえるような気がちょっとした。

Photobucket

この日のセットリスト;

Way of the World
Come On Come On
California Man
If You Want My Love
I Want You to Want Me
These Days
Baby Loves to Rock
Sleep Forever
Heaven Tonight
Miss Tomorrow
Miracle
Just Got Back
Sick Man of Europe
Closer, The Ballad of Burt and Linda
Surrender
Dream Police
Auf Wiedersehen

昨日のCTウェブサイトに「ステイトメント(ご報告)」として「バニーは現在のツアーに参加していません。彼はバンドのメンバーとして在籍しています。メンバー全員健康でバンドは予定通りツアーを行ないます。」という短い連絡事項が出ていた。今週のライブにはリックの息子ダックスが代役を務めている。バニーの早期復帰を祈りたい。

Rick Neilsen@HOB
いつも愉快なリック先生

Advertisements

Actions

Information

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s




%d bloggers like this: