Rock ‘n’ Roll ファンタシー・キャンプ

26 03 2010

RRFC 2010_2
キャンプ最終日、キークラブで行なわれたファイナル

楽器をたしなめるロック・ファンなら一度は参加したいロックンロール・ファンタシー・キャンプ(以下RRFC)。13回目を迎える今年のキャンプには65名のキャンパーが参加、二月最終週にロサンゼルスで行なわれた。ゲスト・スターにエース・フレイリー、マイケル・アンソニー、マーク・ファーナー、リタ・フォード、レミー・キルミスター等を迎え、またカウンセラーにはビリー・シーン、リッチー・コッツェン、テディ・ジグザグ、ゲイリー・ハウイ、スパイク・エドニー等が参加。なんてったって一週間ロサンゼルスのスタジオに入り、夢のスターたちからレクチャーを受けたり、ジャムったり、上手く行けばレコーディングまでできるのだからまさに夢のようなキャンプなのであーる。

キャンパーたちに話を聞いてびっくり。結構な人数がリピーターなのだ。ちなみに参加費は一万ドル近かったと思う。すげー。このキャンプのためにお金をためて、家族や友達と共に参加している人もいた。

Rock 'n' Roll Fantasy Camp 2010_1
スタジオでビリー・シーンとエース・フレーリーが
キャンパーたちとジャムる様子

Photobucket
リタ・フォードは息子たち&ダンナと共にスタジオに登場。
キャンパー達と’Kiss Me Deadly’を歌ったり映画「ランナウェイズ」
に関する興味深い話も披露。なんと今後リアリティTVショウを
家族でやる予定もあるとか。

RRFC 2010_3
カウンセラー達によるオールスター・ジャム。
マーク・ファーナーが’Some Kind of Wonderful’を熱唱。

設立者のデヴィッド・フィッシュオフ氏はロジャー・ダルトリー、リンゴ・スターのマネージャを長年やってきた人で、その他には1986年のモンキーズのリユニオンツアーも手がけた。日本でもモンキーズのTVショウと共に人気あったよね。

フィッシュオフ氏、日本でもやる気です♡RRFCのサイトに日本語も一部あるのだが、私のマックだと文字化けして読めない。カウンセラー達が英語だからやっぱ言葉のギャップはあるかなー。日本からキャンパーを呼び込むのではなく、逆にカウンセラーと共にキャンプごとゼーンブ日本にもっていき、通訳を各カウンセラーに同行させたら結構いけると思うんだけど。「あのブドカーンでライブ」そして「ストーンズのプロデューサー、ドン・ワズもトラッキングした赤坂のEMIスタジオでジャム」とか。(あれ、まだあるのかな溜池のスタジオ?)なんかちょっと高そうかなー。

フィッシュオフ氏は新たに米リアリティTVショウ界の大物プロデューサー、マーク・バーネット氏とタッグを組み、なんか企んでる模様。NYからLAへ家族全員で引っ越してきた位だからその意気込みったらすごいです。ただちょっと不安なのはバーネット氏、サラ・ペイリンともリアリティTVをやるみたいでそっちで忙しそう・・・?日本の企業の皆様も「東京でのRRFC開催」、御一考ください。

RRFC_Lemmy
キャンパーとのQ&Aセッションにレミーが参加。じっくり2時間近く
キャンパーたちと過ごし、最後に一人ずつ写真&サインに応じた。

このRRFC、次回は今年の5月25日から30日までロンドンで開催。あの(!!)アビーロード・スタジオで録音ができ、さらにはキャヴァーン・クラブで演奏ができる。ゲスト・スターにはクリームのジャック・ブルースやピンク・フロイドのニック・メイソンもいるぞ。詳細はRRFCのウェブサイトまで。

Advertisements

Actions

Information

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s




%d bloggers like this: